GMOクリック証券「FXネオ」でFX投資

GMOクリック証券「FXネオ」での資産運用のポイントや口コミ・評判、スプレッド、スワップポイント、取引通貨、特典、チャート、デモトレード、為替投資情報、口座開設の流れや、簡単な始め方を紹介。

GMOクリック証券「FXネオ」口コミ・評判と儲けるためのトレード術

GMOクリック証券「FXネオ」なら初めての人でも扱いやすいチャートとアプリで簡単トレード。米ドル/円のスプレッドは原則固定0.3pipsでお取引が可能。レバレッジは25倍までの取引が可能。どこよりも狭いスプレッドで初心者にも安心。


GMOクリック証券「FXネオ」での資産運用のポイントや口コミ・評判、スプレッド、スワップポイント、取引通貨、特典、チャート、デモトレード、為替投資情報、口座開設の流れや、簡単な始め方を紹介。

GMOクリック証券「FXネオ」詳細

●証券口座名

GMOクリック証券「FXネオ」


●トレード方法

インターネットPC及び携帯電話


●申込みいただける方

満20歳以上で、本人に安定した継続収入のある方や資産のある方、バイト・派遣・パートや学生の人、また自身の配偶者に月毎定期収入のある人。


●通貨ペア

米ドル/円(USD/JPY)
ユーロ/円(EUR/JPY)
ポンド/円(GBP/JPY)
豪ドル/円(AUD/JPY)
NZドル/円(NZD/JPY)
カナダドル/円(CAD/JPY)
スイスフラン/円(CHF/JPY)
南アフリカランド/円(ZAR/JPY)
ユーロ/米ドル(EUR/USD)
ポンド/米ドル(GBP/USD)
豪ドル/米ドル(AUD/USD)
ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)
ポンド/スイスフラン(GBP/CHF)
米ドル/スイスフラン(USD/CHF)


●主要スプレッド

USD/JPY(米ドル/円)
0,3ポイント

EUR/JPY(ユーロ/円)
0.6ポイント

GBP/JPY(英ポンド/円)
1.1ポイント

AUD/JPY(豪ドル/円)
0.7ポイント

NZD/JPY(NZドル/円)
1.5ポイント


●お取引時間

24時間。

月曜午前7:00〜土曜午前7:00
(月曜午前7:00〜土曜午前6:00 / 米国夏時間)
※取引時間外は指値の予約注文のみ受付いたします。


●メンテナンス時間

【米国標準時間】
火曜日〜金曜日 午前6:55〜午前7:05、および土曜日 午前6:55〜正午

【米国サマータイム】
火曜日〜金曜日 午前5:55〜午前6:05、および土曜日 午前5:55〜正午



●発注種類

成行・指値・逆指値・IFD・OCO・IFDO


●スワップポイント

期間固定レートにて毎日発生。
異なる通貨のうち、金利の高い通貨を買い持ちした場合にはもう一方の通貨との金利差を受取る(利益)ことになり、売り持ちした場合には金利差を支払う(損失)ことになります。

建玉を保持し、ニューヨーク時間のクローズを迎えると、スワップ金利が余力に発生いたします。
現金として授受できるのは翌営業日ニューヨーククローズ後となります。
※国内外の祝祭日の影響により、ニューヨーク時間のクローズ時点で建玉を保有していてもロールオーバーが行われないため、スワップポイントが発生しない営業日があります。

注)スワップ金利や取引証拠金は為替相場の変動により変更される場合がありますので、最新情報につきましては、GMOクリック証券「FXネオ」スワップポイントについての項目をご覧ください。


●入出金

クイック入金は24時間いつでも入金ができます。

通常入金は、入金日から概ね翌営業日以内にお客様の口座に反映します。
出金は出金依頼後、概ね翌営業日以内にお客様の口座に入金いたします。
クイック入金の振込み手数料は、GMOクリック証券で負担いたします。
普通入金の振込み手数料はお客様のお支払いになります。
出金時の振込み手数料は、GMOクリック証券で負担いたします。


●その他

FX取引とは、原資や得利が保証された金融取引ではありません。トレードした通貨ペアにて、相場の動きによる価格変動やスワップ金利の動きにより、損失が発生する場合があります。

レバレッジ効果では、貴方がお預けになった原資以上のお取引ができますが、元金以上の損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の投資に必要な原資は、各通貨のレートにより決定され、お取引額の4%相当となります。

原資の25倍までのトレードができます。(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引ができます。)

GMOクリック証券は法令上要求される区分管理方法の信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること等から、どのような場合でも必ずお客様から預かった元本が全額返還されることを約束するものではありません。

ロスカット取引は、必ず約定した損失の額で収まるというものではありません。通常、あらかじめ約束したマイナスの水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から強制的な決済取引の手続きが始まりますので、実際のマイナスはロスカット水準より大きくなる可能性が考えられます。また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によっては貴方よりお預かりした証拠金以上のマイナスが生じることがあります。

お取引の開始にあたり、GMOクリック証券の契約締結前交付書面をよくお読みの上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にてお取引していただくようお願いいたします。


●会社概要
 
◆GMOクリック証券

商号 GMOクリック証券株式会社 (GMO CLICK Securities, Inc.)
登録番号 関東財務局長(金商)第77号
許可番号 農林水産省指令22総合第1337号 経済産業省平成22・12・13商第19号
代表者
代表取締役会長 高島 秀行
代表取締役社長 鬼頭 弘泰
本店所在地 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー

事業内容 金融商品取引法に基づく金融商品取引業
会計監査人 有限責任監査法人 トーマツ
設立 平成17年10月28日
資本金 43億4,666万3,925円
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会
指定解決紛争機関 <特定第一種金融商品取引業務に関して「手続実施基本契約」を締結している指定紛争解決機関>
特定非営利活動法人証券・金融商品あっせん相談センター(FINMAC)
連絡先:0120-64-5005
ホームページ https://www.click-sec.com/

◆主な株主
GMOクリックホールディングス株式会社
※GMOインターネット株式会社のグループ会社です。

◆関連会社
GMO CLICK HONG KONG LIMITED
GMO-Z.com Trade UK Limited
株式会社FXプライムbyGMO

 

 

 

FXで資産運用をするオススメ投資法は、レバレッジを抑えて余裕のある運用

.

あなたはどうなった時に取引を実行していますか?FX投資で負ける方の多くは、投資の時期を外しています。
FX取引で重要なものは、長い上昇トレンド、または下降トレンドを見ることです。一旦発生したトレンドは短くても4年、最長で8年は継続していくと為替取引をする人の間では言われています。
もうさすがに高値圏だろうと予想した場所は、まだまだ高値更新の途中であることが多いのです。
ですから、ドル/円の上昇トレンド中に円を購入するのはできるだけ避けた方が良いともいえます。

しかし、一方向に値動きするばかりが通貨投資ではありません。一年かけて10円ほど上昇した通貨は絶対といって良いほどどこかで調整という急落があり、半分ほどは値を戻します。
最近でいうと、2012年後期に80円台から上昇を続けたドル/円は、2013年5月に103円をつけた後、次の月には93円まで戻しており、翌月からまた急騰を続けています。
その後、長らく上がり続け、2014年の9月に110円をつけた途端105円台まで調整して、120円まであっという間に急騰しました。

高値または最安値更新を続けている中で、調整は予想だにせず起こります。そして、調整に入ると多くのエコノミストや経済アナリストなどはトレンドは終わったと発信します。誤った情報に右往左往し、「ドルが上昇しているから、ドルを購入しよう」と考えてFXを開始したはずなのに、気がつけばドルを売って大きなマイナスを抱えていたなんてことはよくあります。

特に最初の時は、たいていこの調整でマイナス確定を避けられず、赤字を出してしまいます。なので、高値圏の時はデモトレードで為替の動きに慣れるか、レバレッジを可能な限り低くして取引投資を行った方が得策でしょう。

レバレッジの管理はFX取引で最も重要なことです。高値更新中から500ポイントの下落があった際、10倍以上のレバレッジをかけていると、ロスカットになってしまう可能性があります。それから、せっかく10円の上昇があったとしても、その時に大損をしていては元も子もありません。
投資で勝てる人は、タイミングを誤って高値で購入してしまったとしても、レバレッジを大きくせず、底値近くで追加購入することで、値戻りして更に急騰を続けた際に大きな収益を手にするのです。